因島自由大学

第17回「時空を超えて」山折哲雄先生

2013年6月25日 芸予文化情報センター

山折哲雄氏

 第17回因島自由大学(大出俊幸学長)が6月25日、芸予文化情報センターで開講し宗教学者・山折哲雄さんの講演「時空を超えて」に250人が聴き入った。

 山折さんは、東北出身である、斎藤茂吉(山形県)石川啄木(岩手県)、宮澤賢治(岩手県)の3人に焦点を絞り講演を進めた。

 三人の作品がいずれも、時空を超えて万葉の時代の人の死を悼んで作る挽歌に通じていること、人間は愛だけで生きるものではなく死者とのコミュニケーションなしには生きていけないことを強調した。

 さらに、茂吉、啄木、賢治の話を、自由の雰囲気が溢れ海に囲まれた因島で出来たことの喜びを語った。

 演壇に立った大出俊幸学長は、「自由の心がないと自由の考えは生まれない」と挨拶した。


(この記事はせとうちタイムズ2013年6月1日号より転載させていただきました。)